Bean to Bar めぐり

今日は勉強のために東京へ行って、
有名どころのBean to Barのお店をめぐってきました。
用事もあったため2件しか回れなかったものの、
私たちには大きな収穫でした。
使用しているカカオ豆、甘味はきび砂糖なのかてん菜糖なのか、
Bean to Bar以外の製品はどんなものをだしているか。

今まで好きで行っていたチョコレート屋さんも
違う角度で見ることができどれもが新鮮でした。
パッケージ、商品の並べ方、包装紙、袋、パンフレット、看板…
じっくりと勉強してきました。

そして前回、自分たちで作ったクラフトチョコレートの答えを知りたくて、
ダンデライオンさんのチョコレートに全く同じ割合のチョコレートがあり、
購入して食べました。なるほど、なめらかだ。

チョコレートのことを勉強していてどこで読んだか失念したのですが、
チョコレートに正解はないという記事を読みました。
苦いのが好き、甘いのが好き、酸味があったほうが良いなどなど
全て好みであって食感も滑らかがいい人もいれば、
ザクザクしたほうがいい人もいる。

好みで選ぶ時もあれば、その時の状況や気分で選ぶのもあり。
ということでKAISEI chocolate laboratoryの方向性が決まりました。
詳細はまた別の機会にお届けできればと思います。

チョコレートの世界ってすごい!奥が深いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次